愛知県・名古屋市で企業の財務強化をするための未来指向型会計事務所

愛知県・名古屋市の税理士/経営計画書月次決算書で経営の財務強化

太田会計事務所

経営計画により会社をもっと良くしたい社長を応援します

中小企業庁 認定経営革新等支援機関

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

調査官に従業員のロッカーや鞄の中まで見せる必要があるのだろうか?

調査官に従業員のロッカーや鞄の中まで見せる必要があるのだろうか?

税務調査(一般調査)では、

帳簿書類や資料などをすべて提示して

調査官からの質問にも答える必要があるのだが、

その調査において調査官から「見せてください」と要求されたら

なんでも見せなければならないのだろうか。

たとえば従業員の私物が入っているロッカーの中や従業員の鞄の中と

いった個人的なものなどを開示する義務はあるのだろうか。

 

判例上〔最高裁昭和48年7月10日 昭和45(あ)2339 刑集 第27巻7号1205頁〕では、

「所得税法二三四条一項の規定は、国税庁、国税局または税務署の調査権限を有する職員において、当該調査の目的、調査すべき事項、申請、申告の体裁内容、帳簿等の記入保存状況、相手方の事業の形態等諸般の具体的事情にかんがみ、客観的な必要性があると判断される場合には、前記職権調査の一方法として、同条一項各号規定の者に対し質問し、またはその事業に関する帳簿、書類その他当該調査事項に関連性を有する物件の検査を行なう権限を認めた趣旨であつて、この場合の質問検査の範囲、程度、時期、場所等実定法上特段の定めのない実施の細目については、右にいう質問検査の必要があり、かつ、これと相手方の私的利益との衡量において社会通念上相当な限度にとどまるかぎり、権限ある税務職員の合理的な選択に委ねられているものと解す」

とされており、

 

客観的な必要性があり、私的利益との衡量において

社会通念上相当な程度にとどまるかぎり、

権限ある税務職員の合理的な選択に委ねられているとされている。

つまり調査官の判断に客観的な必要性が認められれば、

たとえ私物が入っている机の引き出しやロッカーの中でも調査することは可能であるということになっています。

ここで注意したいのが、客観的な必要性があればという点でです。

調査官がいくら質問検査権という権限で税務調査をすることが認められているとは言っても、

従業員のロッカーや鞄の中を好き勝手に空けて確認することが、

客観的な必要性に欠けたものであれば、

違法な質問検査権の行使であり認められるものではありません。

しかし、客観的な必要性が認められない調査であっても本人の同意があれば確認することが可能であるとされています。

よって調査官は言葉巧みに

「なんらやましいことがなければ、見せても平気なのでは」とか

「質問検査権により調査官の自由な裁量により調査することが可能です」

「事業所の敷地内にあるものはすべて調査の対象となります」

「見せられない理由はなんですか」などと

言ってなんとかして同意を得ようとしてくることがあるかも知れません。

事業に関係する帳簿書類・資料などが入っていたら話は別ですが、

本当にプライベートに関するものしか入っていなければ堂々と拒絶してかまいません。「プライベートに関するものしか入っておりませんので」と言って、

調査官から何を言われようとも突っぱねましょう。

同意をしてはいけません。

一度同意してしまうと後から「あれは違法行為だった」と主張したとしても、

その主張が受け入れられない恐れがあります。

拒否しているにもかかわらず、

調査官が勝手に引き出しやロッカーなどを空けたり、力ずくで鞄を奪って確認しようものなら違法であるため、

すぐに管轄の税務署(調査官の上司にあたる統括官)に電話で抗議し、

税務調査の一時停止や調査官の変更などを要求しましょう。

残念ながらこれで税務調査自体が見送られる可能性は低いと思われます。

 

このような事態を発生させないためには、

普段からあまり私物を、特に人に見られたくないようなものを会社内、事業所内に持ち込まないようすることを社内ルールとして決めておくとよいのかもしれません。

 

税務調査の流れ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る

初回面談・ご相談

初回面談は無料です

052-991-0376

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。