太田会計事務所は、月次決算によって事業経営を支える税理士、行政書士事務所です。

愛知県 名古屋市の税理士/経営サポートを中心とした会計事務所

太 田 会 計 事 務 所

 中小企業の社長に寄り添うNo.1の会計事務所をめざします!

 中小企業庁 経営革新等支援機関

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

税金的に個人事業者と法人どちらが有利か

税金的に個人事業者と法人どちらが有利か

ざっくりと、年商が1,000円を超えたら法人が税金的に有利だという意見があったりするが、本当にざっくりすぎてよくわからない。

また、年商から経費を引いた利益額が290万円を超えたら、法人のほうが有利であるという意見がある。

こちらの意見のほうがなんとなく面白そうなので検討してみることにする。

これは前提として、法人にした状態で社長の給料を290万円にして、法人の利益を0円にした場合、企業として支払う税金は法人にしたほうが個人事業者で行うよりも多少安くなるというものだ。

基本的に、個人事業者としてもらうお金と法人で給料としてもらうお金では、税額の計算方法が異なる。個人事業者がもらう利益の290万円にはそのまま税率がかけられるのだが、給料としてもらうお金には、290万円から給与所得控除という所得控除後の金額(この場合だと185万円)に税率がかけられるのである。

 

個人事業者 290万円×10%-97,500=192,500円

法人で給与(290万円-105万円)×5%=92,500円

 

また、利益290万円であるという理由は、個人事業税が利益290万円までは税金がかからないが、これを超える分だけ3~5%(ちなみに建設業は5%)の税金がかかるである。

法人にも法人事業税というものがあるが、利益が0の場合はかからないのである。

机上の計算上では、給与所得控除の点でどうしても節税面では、法人が有利となるのだが、なかなか利益のすべてを社長の給与とすることは難しいのである。

基本的に社長の給与は事前に決めておく必要があり、その金額は毎月一定でなければならないのである。途中で給与の額を変更することはできない。してもいいけど、変更した金額は経費として認められないのである。

よほどしっかりとした経営計画の下、予算管理を行わない限りは利益のコントロールできないのである。

よって、節税の面だけではなく、他の観点からも検討することをおすすめします。

 

開業届・申告書などの提出がまだの方、お任せ下さい!

 新規開業サポートプラン

とにかく開業をしたけど、

税金のこととか、帳簿のことが

まったく手につかない!

よくわからない!

なんとかしてほしい!

という開業3年以下の社長、個人事業主の方を

サポートいたします!

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る

初回面談・ご相談

初回面談は無料です

052-991-0376

くわしい話を聞きたいという方は、初回面談をおすすめします。

コロナウィルス対策サイト

コロナ対策情報配信サイト


新型コロナウイルスに関する情報を
いち早く
ご提供するために
特別サイトを開設いたしました。

資金調達、助成金関係、給付金、税務などの情報がわかりやすくまとめられております。

決算書診断サービス

太田会計が実際にお客様にご提供している利益の出し方がわかる
財務分析サービスを
初回に限り無料でご提供いたします。

初回面談を受けた方へ

太田会計の初回面談(無料)を受けられた方のみ財務分析サービスを受けることができます。

わかりやすい資料のご提供

会社数字が苦手な方、まだ不慣れな方でも、すぐに理解できます。