愛知県・名古屋市の税理士/経営計画書月次決算書で社長の計画経営をサポートします

太田会計事務所

 (太田忠義税理士事務所・行政書士太田忠義事務所)

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

建設業許可がないのに
建設業を行ってもよいのでしょうか?

建設業を請け負う法人や個人事業者は、原則的には、建設業許可が必要となります(建設業法第3条第1項)。

 

ですが、一定の配慮なのかどうかはわかりませんが、軽微な工事については、建設業許可がなくても工事を請け負ってもよいこととなっています。

 

軽微な工事とは、以下のものとなります。

 

  • 建築一式工事では、工事1件の請負金額の額が、1,500万円(消費税込)に満たない工事、または述べ床面積が150㎡に満たない木造住宅の工事。
  • 建築一式工事以外の建設工事では、工事1件の請負金額の額が、500万円(消費税込)に満たない工事。

 

ちなみに、1件の現場工事を2つ以上の契約に金額を小さくしても、各契約の請負代金の額の合計額とするとなっています。ただし、正当な理由に基づいて契約を分割したときは、合計しなくてもよいとなっています(建設業法施行令第1条の2第2項)。

 

軽微な工事の範囲内で、仕事を請け続けるというのならば、建設業許可は法的には必要ないかもしれませんが、たまに大きい仕事が回ってきてしまったとき、泣く泣く断らなければならないかもしれません。

 

また、建設業許可はあったほうが、企業の信頼性をアピールすることができます。早く取得するに越したことはないと思います。

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る