愛知県・名古屋市で経営計画書を作成運用したい、経営数字に強くなりたい2代目経営者のための会計事務所です!

   名古屋の税理士/経営計画書と月次決算書で
   会社は良くなります!

   太田忠義税理士事務所・行政書士太田忠義事務所
   中小企業庁 認定経営革新等支援機関

無料面談・実施中

独立開業された方へ

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

建設業特有の勘定科目について

建設業の社長が簿記の本などで経理のことを学ぼうとして、ちょっと戸惑ってしまう点の一つとして、建設業で利用する勘定科目がすこし異なることです。

 

建設業の会計では、一部の勘定科目について他の業種とは異なった勘定科目を使います。
たとえば、売上高を完成工事高という科目に、売上原価を完成工事原価という科目になっています。

慣れてしまえばなんということもありません。

ほとんど呼び名が変わっているだけで本質的なところは同じものです。

 

主な勘定科目の違い

  • 他の会社 → 建設業では
  • 売上高  → 完成工事高
  • 売上原価 → 完成工事原価
  • 売掛金  → 完成工事未収金
  • 仕掛品  → 未成工事支出金
  • 未払金  → 工事未払金
  • 前受金  → 未成工事受入金

 

おおよそは、上記の通りになりますが、会社が建設業だからといってすべての売上がなんでもかんでも「完成工事高」になるわけではなく、建設工事による売上を「完成工事高」と表示しているのです。なにかの商品をそのまま仕入れて、そのまま販売する物品販売を行った場合の売上は、他の業種同様「売上高」として表示されます。

 

他の科目についてもそれは同様のことです。

これらはあくまで決算書上のことで、実際の現場ではわざわざ「完成工事高が~」とか「未成工事支出金が~」などと言いません。普通に「売上が~」とか「仕掛(現場)が~」と言われています。

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る