愛知県・名古屋市の税理士/経営計画書月次決算書で社長の計画経営をサポートします

太田会計事務所

 (太田忠義税理士事務所・行政書士太田忠義事務所)

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

経営事項審査とは

経営事項審査とは、公共工事を役所等から直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。

業界では、略して経審(ケイシン)と読んでいる人もいます。

この建設業者というのは「建設業法第3条第1項の許可を受けた者」

つまり建設業許可を受けている事業者(法人、自営業者)を指しています。

よって、建設業許可がないと公共工事を請けることはできないということになります。

 

役所等は、競争入札に参加しようとする建設業者について資格審査を行うこととされており、
欠格要件に該当しないかどうかを審査した上で、建設業者の客観的事項と主観的事項の審査結果を点数化し、順位付け、格付けをします。


このうち客観的事項の審査が経営事項審査といわれる審査制度であり、この審査は「経営状況」と「経営規模、技術的能力その他の客観的事項」について数値により評価するものです。

経営状況の分析については、国土交通大臣が登録した経営状況分析機関が行っています。

(更新日:2015.03.22)

建設業特有の勘定科目について

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る