愛知県・名古屋市の税理士/経営計画書月次決算書で社長の計画経営をサポートします

太田会計事務所

 (太田忠義税理士事務所・行政書士太田忠義事務所)

ご相談をお待ちしております

052-991-0376

許可業種の選択

建設業許可とひとくちに言っても、さまざまな種類があります。


建設工事には28種類の一式工事と専門工事に分かれております。(2つの一式工事と26の専門工事)


建設業の許可を受けようとする場合、この28の建設工事業の中から、自社の営業する建設工事を考慮して、必要な業種を選ぶ必要があります。


たとえば塗装工事の請負をしている事業者は、塗装工事の建設業許可を取得する必要があるのです。


たとえば、電気工事の建設業許可を持っているからといって、左官工事をすることは認められません(軽微な工事を除く)。


許可は業種ごとに取得する必要があります。これにより、企業によっては、種類ごとに建設業許可を2つも3つも持っている場合もあるのです。

 

建設工事の種類(略号)
1 土木一式工事(土)
2 建築一式工事(建)
3 大工工事(大)
4 左官工事(左)
5 とび・土工・コンクリート工事(と)
6 石工事(石)
7 屋根工事(屋)
8 電気工事(電)
9 管工事(管)
10 タイル・れんが・ブロック工事(タ)
11 鋼構造物工事(鋼)
12 鉄筋工事(筋)
13 ほ装工事(ほ)
14 しゅんせつ工事(しゅ)
15 板金工事(板)
16 ガラス工事(ガ)
17 塗装工事(塗)
18 防水工事(防)
19 内装仕上工事(内)
20 機械器具設置工事(機)
21 熱絶縁工事(絶)
22 電気通信工事(通)
23 造園工事(園)
24 さく井工事(井)
25 建具工事(具)
26 水道施設工事(水)
27 消防施設工事(消)
28 清掃施設工事(清)

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでの対応もしております。

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

太田会計事務所のトップページへ戻る