税務と会計で人と企業を強く元気にするパートナー

太 田 会 計 事 務 所

    〒462-0844 愛知県名古屋市北区清水4-15-1 日宝黒川ビル3階
    (国道41号線沿い・北区役所の近く)

営業時間
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜、日曜、祝日

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

052-991-0376

経営者のふるさと納税の使いかた

ふるさと納税の返礼品には実に色々ないいものがあります

名古屋市北区の税理士 太田啓之です。

11月になりました。

この時期になると、今年の所得がだいたい予想がついてくるのではないでしょうか?

というわけで、ふるさと納税を考える季節となってきました。

 

去年のわたしは、タオルとティッシュと本みりんと日本酒の杯などを

ふるさと納税の返礼品としていただきました。

完全に生活重視のラインナップです。

 

ふるさと納税は今年1年の所得を予想しながら行わないと

逆に損してしまうので、

自然と手続きが年末になってしまいます。

 

そのため去年は慎重に慎重を重ねて

12月の下旬ごろになって慌ててふるさと納税を行ったため、

締め切られているものや品切れになっているものがあったりして、

なかなか欲しいものを手にすることができませんでした。

 

 
とある医者のふるさと納税

ところで、ふるさと納税でこんな話を聞きました。

病院を経営している医者がふるさと納税をして、

返礼品としてお米をもらいました。

 

ここまでは一般的な話ですが、

その医者はそのお米をそっくりそのまま自分が経営している病院で

出す入院食か何かに使ったそうです。

 

その医者は高収入で納税額も多いため、

多額のふるさと納税をすることが可能であったため、

返礼品をお米一本に集中したところ、

当然のことながら大量のお米を手にすることができ、

病院で購入するお米代が浮いてさらに利益を稼いだということです。

 

病院で提供する食品にふるさと納税でもらったお米を提供してよいのか

法律上どうなっているのかは、わかりませんが経営的に参考になります。

 
どのようにして利益を出すか

会計上の観点で見ると、

この医者はお米の購入費用という固定費を減らして、利益を出したといえます。

しかも、お米代はふるさと納税の返礼品なので無料。

 

企業経営は、いかに固定費よりも多くの粗利益額(売上高から変動費を引いた額)を

稼いで、その差額である利益を出すことにあります。

 

利益を増やす方法は、なにも売上高を上げることばかりではなく、

固定費を減らすことでも増やすことは可能であると

この話は教えてくれています。

 

別にふるさと納税の返礼品を事業に使いましょうという話ではなく(使ってもいいですが)、

まだふるさと納税をされたことがない方は

チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回、意外とふるさと納税をされたことがないという経営者の方が多かったので記事にしてみました。

ただ、返礼品を法人で利用する場合は、

場合によっては受贈益が発生するかもしれませんので注意は必要です。

(最終更新日:2022/11/01)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話お待ちしております

お電話でのお問い合せはこちら

052-991-0376

受付時間:平日 9:00~12:00、13:00~17:00
休業日は、土曜、日曜、祝日です。

ご相談・ご依頼は

代表税理士の太田啓之です。
052-991-0376

くわしい話を聞きたいという方は、
初回面談(無料)をおすすめします。
お仕事のご依頼も、お問い合わせからお願いいたします。

相続税申告が
まったく手につかない!
よくわからない!
なんとかしてほしい!
実際に相続が始まってしまったが、
どうしたらよいかわからない方へ